"徹底的に準備してあとは流れにまかせよう。"

- 【7%】 人生が教えてくれた45の教訓… | IDEA*IDEA (via usaginobike)

(usaginobikeから)

"

<「目」から読み取る心理・性格>

■目の瞳孔が開く

これは男性に限ったことではないのですが、人間は興味のあるものを見ると目の瞳孔が開く傾向にあります。なので、何に興味があるかがわかるし、好きかどうか、興味があるかということもわかるわけです

■長くゆっくりとしたまばたきをする

これは反論と否定の表れであることがあります。
話している相手がこのようなまばたきをしていたら
目を合わせたくないと思っているかもしれません。。

■しきりにまばたきをする

まばたきのペースは、普通3秒に1回くらいのものですが、人は弱気になっていたり緊張状態になると無意識にまばたきの回数が多くなります。

なので、普段はあまりまばたきが気にならない人が、しきりにまばたきをするようになったら相当緊張しているとみて間違いありません。

またもし、相手が異性であれば、こちらをかなり意識していることが考えらます。

■会話の最中に視線がさまよう

自分に自信がなくすぐに不安になるため、どうしても視線が一点に定まらないのです。

性格的にも内向的な人が多く、人と打ち解けあうまでに時間がかかる人が多いです。
こいうタイプの人と仲良くなるには、焦らずゆっくりとお互いの気持ちを深めていくのが賢明だと言えます。

■目と口が同時に笑い始める

目と口が同時に笑い始める人は作り笑いの可能性が高いらしい。
人は本当におかしいときには、まず口から笑うのが普通らしいです。

■口が笑っていても目が笑っていない

人は本当におかしいとき、その感情の9割は口に表れ、残り1割が目に表れるという。
口が笑っていても目が笑っていない人は、本当はおかしいと思っていない可能性があります。

■目が右上を向いている場合

これは 「過去の体験を思い出している」 ときに出る目の動きです。
過去にあった出来事や、思い出を振り返っているときには右上を見るそうです。

■目が左上を向いている場合

これは 「見慣れない、聞き慣れないものを想像している」 ときに出る目の動きです。
まったく知らないことや、体験していないことを、「それってこういうことかな?」
と自分なりに解釈しようとするときには左上を見るそうです。

■目が右下を向いている場合

これは 「聴覚に関するイメージを持っている」 ときに出る目の動きです。
お店やカラオケなどで偶然聞いた音楽などに聞き覚えがあるんだけど、何の曲だったか思い出せない、といったときに右下を見るそう。

■目をそらす

話をする時にチラチラ見るのは好きの証拠、目を横にそらすのが嫌いの証拠と言われています。

■相手を上目づかいで見る

上目づかいの視線は、相手に甘えたいという気持ちのあられ。
一般的に視線の上下の方向で、相手がどういう上下関係を望んでいるかがわかります。

見上げるような視線は、相手に敬意を示しているか、こちらに甘えたがっているときにあらわれる視線です。とくに恋人から上目づかいで見られる場合、ふたりの恋愛関係はうまくいっている可能性が高くきわめて仲が良い証拠だと言えます。

■相手を見ずに話をする

相手を見ずに、よくわき見をしながら話をする人は、何か隠し事をしている可能性が高いです。
隠し事をしていると、人はできるだけ相手と目が合うのを避けようとします。

■目が小さい人

目の小さい人、目が細い人は、物事をじっくり静かに見据え、すぐには行動を起こさないという傾向があります。

目の前の出来事にとっさに飛びつく瞬発力や行動力がないため、チャンスを逃しやすいだけでなく、何か問題があったときに、解決を先送りしがちなところがあるそう。

■目に力がない人

一見して、顔の力を全て抜いたように無表情で、目に力が感じられない表情の男性は、ごくごく自然体で内面に独自の世界を築いている人が多いそう。

日常生活の言動には生気が感じられないこともありますが、内面の豊かさはその作品に注ぎ込まれていいて、普段から受ける印象とはかけ離れた作品で、周りの人を驚かせるような性格をしていたりするそうです。

■目つきがきつい人

目つきの鋭い人は、一見笑顔がなく、敵対心を抱いているかのような第一印象を持たれてしまうことが多く、笑みの無いその視線は、これまでの経験によって生まれたものであり、ひとたび心を開けば、本当はコミュニケーションをすごく欲している人だったりします。

■目が大きい人

目の大きい人は、色々なものに興味を持ち、吸収しようという意欲のある人が多く、飽きっぽいところはありますが、人当たりはよく、優しい性格。
また、やさしく、実直なところからダメージを受けやすいともいえるそう。

■まばたきの多い人

まばたきの多さは緊張や不安の表れであるといわれています。
心理学の世界では「まばたきの多い人は気の小さい人」と判断されることもあるようです。

■会話中に目を大きく見開く

相手の話を理解しようとして目をくりくりさせているわけではなく、自分をよく理解してほしくて目をクリクリさせてしまうクセがついているようです。

自分が相手にどう思われているのかが心配で仕方なくなると、人は相手を見るとき目が見開くようなびっくり表情をしてしまいます。

"

- http://matome.naver.jp/odai/2129480304938618801 (via kihara0831)

(usaginobikeから)

"神が数日で世界を創造できたのは顧客がいなかったからですというジョークが身にしみる・・・。サクサク機能を追加するにはどうしたらいいのかのう。"

- Twitter / Nobuyuki Kubota (via raurublock) (via gkojax) (via featherogs) (via kbr8) (via nemoi) (via 778) (via jun26) (via yellowblog)

"

携帯宛てだろうがマナー違反もなにもない。
何故なら電源切っておくか、音切ったりバイブしないように完全無音にしておけばいいだけだから。
それをしないってことは、反応する気があるって事だろう。

コンビニは24時間開いている。
開いているのに深夜来るのはマナー違反とかいわないだろう。
デパートは深夜は普通閉まっている。
閉まっているのに深夜に来たらそれはマナー違反だ。
デパートだって深夜も開けていたら客は来るだろう。
それは送る側の問題ではなく、受け手側の問題だ。
受け手側が開放している所に、通常の手段でアクセスを試みることはマナー違反でもなんでもない。

"

- 深夜のメールはマナー違反? | スラッシュドット・ジャパン モバイル (via plasticdreams)

(ttttttextから)

"私が聞いたもので, a と the の使い分けの説明で分かりやすかったのが,「日本語で『が』を使うときに不定冠詞,『は』を使うときに定冠詞を使えば良い」というものです."

- ChangeLog を支える英語 (via june29)

(ttttttextから)

"結論をいうと、書類は「全捨て」が基本です。
 こういうとたいてい、ぎょっとした顔をされて驚かれてしまうのですが、書類ほどやっかいなモノはありません。だって、大事に持っていてもまったくときめかないと思いませんか。
 だから、「今使っている」「しばらく必要である」「ずっととっておく」。この三つに該当しない書類はすべて捨ててしまいましょう。"

- 人生がときめく片づけの魔法 / 近藤 麻理恵 (via ebook-q)

(usaginobikeから)

"子供は頭が論理的にできているから、こうしたらこうなる、こうしたらこうなりますよ、と教えてあげればすぐ理解する。ゴミをちゃんとゴミ箱に捨てるのは人間で、猿はそのまま放置しますよ、と教えれば一生懸命ゴミを片付けるようになる。"

- (10) スマナサーラ長老の法話より(「あなたの愛情が子育てをややこしくする ~ブッダに学ぶ「慈しみ」の子育て~」2011年11月19日宮崎市にて) (via otsune)

(ecsa-tumbから)

"「趣味は上達すると面白い」は正解だと思うんだけど、割と多数の日本人は「趣味は上達しないといけない」「上達しないなら、最初からやらないほうがマシ。時間と金と体力のムダ」みたいな思考があると聞いた。一方外国では「ボクは○○が趣味なんだ!スコアは万年初心者だけどね!」なんかも多い"

- Twitter / Yuruyuru_news (via igi)

(yellowblogから)

"

娘「パパ、いつまで忙しいの?」
父「ゴールが見えないからね、当分忙しいかな」
娘「見えなくても走れるの?」
父「!」
娘「どこ向かって走ってるの?」
父「?!?!」


_人人人人人人人人人人人_
>どこ向かって走ってるの<
 ̄YYYYYYYYYYY

"

- Twitter / MUGI1208 (via hazisarashi)

(yellowblogから)

"家庭崩壊していくのを親が食い止めようとすると高確率で「季節の催し事や記念日を様式通りに楽しんだり旅行体験を共有する」という方向に行って、その強迫観念めいた「これは様式通りだから楽しい。楽しく無いという方が間違っている」って空気で家庭崩壊が更に進行する"

- Twitter / InternetKillYou (via ajinotatakinamennna)

(yellowblogから)

"セブンイレブンの鈴木会長だったと思う。

顧客主義について、ありがちな勘違いを
何かのインタビューで見事に言い表していた。

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は
違う。
子供のために子供を叱っているつもりでも、
子供の立場に立ってみればありがたくもない。
それと同じ。"

- ユーザー目線の勘違い|渋谷ではたらく社長のアメブロ (via maepon)

(yellowblogから)

"プレジデント・ファミリーの編集部時代、
 東大生であるとか、その道でいちばんの子に
 取材にたくさん行ったんですけれど、
 共通しているのが、
 時間を決めるために
 ストップウオッチを使っていることと、
 TO DOリストをつくっていること、でした」

でもそんなTO DOリストつくってる時間が
もったいないっていう考えもありますよねえ。

「そう、それがくせ者!
 そう思っちゃいますよね。
 みんな、同じです。
 その時間に問題のひとつも解いたほうが
 よっぽどいいんじゃないかって。
 でもちがうんです。
 ぐっと我慢です。
 とにかく、分解するんです、やることを。
 そうすると、勉強が
 “作業”になります。
 作業に没頭しているときは
 雑念がなくなります。
 そうすると効率があがって
 効果がでます。
 ぼくはいまもその方法にすがって
 生きているっていってもいいほどです!」"

- ほぼ日刊イトイ新聞 - 樹の上の秘密基地 (via tiga)

(ttttttextから)

" 35歳以上になったら、

:若い時のように運動すればすぐに体力が戻る、ということはもうない
:若い時のようにしばらく運動していなくても、体力が衰えない、ということはもうない
:毎日運動し続けないと体力の現状維持すら困難
:運動を怠った時、体力の低下は予想以上に急激

以上は明白なことであるけど、より実感した。ここまであっさりと落ちるとは、なかなか危機的である。"

- hilihiliのhilihili: 坂を走って登れない (via ginzuna)

(ttttttextから)

"クラスの女の子(4歳)が昼食中に箸が上手く使えず困っていた。それを見た日本男児たちは「こうやるんだよ!すごいでしょ!」と自分たちの自慢をするだけだったが、イタリアボーイは「大丈夫だよ。ほら、アーン」と口へ運んであげていた。イタリアすごい。"

- Twitter / BoolucKZ: クラスの女の子(4歳 (via poochin)

(ttttttextから)